パートナーにも包茎治療はメリットがある

包茎の何よりのデメリットは、病気にかかりやすいというところにあります。
nullどうしても、雑菌が繁殖しやすい状態になっていますので、包茎でない人に比べると、病気になってしまう確率が数倍にも上がってしまうというのです。
そうなってくると、自分で病気になるのを防ぐために、常に衛生的な状態に保てるように努力をする必要があります。
とはいえ、日本人の約80%の人は、包茎だという風に言われています。
ですので、包茎を必要以上に恥ずかしがる必要はないのかもしれません。
しかし包茎治療をすることによって、衛生面が保てるのであれば、その方がいいのかもしれません。
みんなが包茎なのだから気にしないというのではなく、不衛生な状態になっていることによって、パートナーにも病気を感染させてしまう可能性もあるのです。
ですので、自分一人だけの問題だと考えるのではなく、相手の事もしっかりと考えて、包茎治療をすることを考える必要があると思います。