包茎治療はためらわずに早めに行う方が良い

私は童貞を捨てたのが周りの男友達よりも遅かったです。
それまで彼女が出来なかった訳ではないのですが、初体験まで踏み切れないのには訳がありました。
それは包茎だったからです。
思春期という事もあり、親や兄弟、友達にもなかなか相談する事も出来ませんでした。
更に初体験をするのが怖くなる事がありました。
それは男友達が集まったお酒の席で、その中の1人が大好きだった彼女に包茎で臭いという理由で解れる事になってしまったという話を聞いてしまったのです。
しかし、当時お付き合いを始めた彼女と遊んでいる内に何度かは良いムードになって、その先に進めないという事が続き、このままでは包茎が理由という前に解れられてしまうと思い、包茎治療を決意しました。
病院に行くまでは怖かったし、心配もありましたが行ってみると、しっかりとヒアリングとカウンセリングもしてくれ安心して手術に踏み切れました。
入院はしないでその日のうちに帰宅出来るので、誰にも内緒で無事包茎治療を終える事が出来ました。